Tシャツ のプリントはココ|オリジナリティー溢れる洋服に

確認してから募集を

ウーマン

オリジナルTシャツは日本国内からしか発注できないところや、ネットカフェからの注文を受け付けていないところもあるので、注意しましょう。オリジナリティを出すために社内でデザイン画を募集する時、予算や使用できるカラーをあらかじめて伝えることが成功につながります。

Read More..

ユニフォームは注文で

レディー

オーダーメイドのTシャツは、他のチームとデザインが同じになることもありませんし敵と味方を区別しやすくなります。またそれだけでなく、機能性も追求できるのでチームTシャツをオーダーするケースは多くなっています。またオーダーメイドはコストや納期も多くかかるのでその点にも気をつけましょう。

Read More..

活用の幅が広い服

ポロシャツ

オリジナルのポロシャツは年齢性別を問わずに着られるので、ユニフォームや販促用のアイテムとして活躍してくれます。また作成する場合は、ロゴやタグなどをつけたりパソコンのデザインツールを使って作るとそれらしく出来上がるでしょう。他にも作成する枚数で向いている方法も違うので、それも考えて作るのが大切です。

Read More..

自分だけのファッション

洋服

簡単に注文できる

世の中には様々なデザインのTシャツがあり、ブランドからノーブランドまで様々です。ですがこうした商品は必ずしも自分の感性に合うものがあるわけではありません。少し不満があるデザインでもブランドが自分の知っているものだから選ぶ、ということは往々にしてあるものです。そこで利用すると便利なサービスがTシャツのプリントサービスとなります。自分でデザインしたプリントをTシャツに描くことは自分が最も気に入っているデザインのTシャツを作る事に他ありません。そうした作業を行ってくれる業者の数は多く、様々な事業所を見つけることができるでしょう。注文するときには業者によって工程は異なりますが、基本的にはプリントをデザインして張り付ける場所を指定すればよいだけです。

使用色数をよく考えよう

こうしたTシャツプリントの世界ではロット数(注文数)が大量でなければ受け付けないというところから、小口のロット数を受け付けるところまで色々です。また、Tシャツのサイズやプリントの大きさや位置、色の使用数などを指定するところもあります。自分の思い描いているデザインを実現するにはどういったところで注文すれば良いのかを調べると良いでしょう。また、資金と使用色数の間で妥協点を見つけることも必要になる可能性もあります。色々な制限はありますが、これを1から個人で作成しようとすると技術と専門道具が必要になるため、業者へ依頼する事は却って割安で済むと言えるでしょう。現状販売されているTシャツのデザインに満足できないなら、思い切って自分でデザインするのは1つの方法です。